美容室のキャッシュレス決済のメリット・デメリット

近年、ますます導入が進むキャッシュレス決済。

新型コロナウイルスの影響もあり、非接触決済の需要も高まり、導入スピードが加速。

ここではキャッシュレス決済の導入を検討している美容室・理容室に向けて、キャッシュレス決済の種類やメリット・デメリットを解説していきます。

 

1.キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、現金のやり取りを伴わない決済のことです。

導入するにはキャッシュレス決済に対応したPOSレジシステムやカードリーダー・QRコードリーダーなどの専用機器が必要です。

 

2.キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済の種類は、様々。美容室で扱っている主な種類は下記の通り。

  • クレジットカード会社などから発行されているクレジットカード・デビットカード(VISAカード・マスターカードなど)
  • 鉄道会社が発行している交通系電子マネー(Suica・PASMOなど)
  • クレジットカードとひもづくクレカ系電子マネー(iD・クイックペイなど)
  • 近年さまざまな会社が参入しているQRコードやバーコード決済(PayPay・楽天ペイなど)

3.導入のメリット

まずは、キャッシュレス決済の導入のメリットをみていきましょう。

*レジ業務の時短・効率化

金銭のやりとりや釣銭の準備などもなくなることが大きなメリット。キャッシュレス化をさらに進めていけば、現金管理やレジ締めすら必要なくなり、効率化につながるため、店舗管理上のメリットも大きいのが特徴です。

*新型コロナウイルス対策

前述通り新型コロナウイルス対策として非接触決済の需要が高まっています。

*ポイント付与による顧客獲得

決済方法によってそれぞれ差がありますが、現金と比べて一定額のポイント還元があるケースが多くあります。

特にQRコード決済においては利用金額の10%~20%がポイント還元される大規模なキャンペーンが不定期に実施されています。

ポイントを貯めるために美容室でもキャッシュレス決済を利用したいと考える顧客は決して少なくないと思います。

*顧客単価アップ

現金とは違って、持ち合わせを気にする必要がないので、追加メニューの施術料金などの取りこぼしがなくなります。

つまり、キャッシュレス決済の導入は顧客単価アップにもつながるのです!

4.導入のデメリット

次にキャッシュレス決済の導入した際のデメリットもみていきましょう。

*導入コスト

1番のハードルはやはりコストですね。

導入コストに加え、決済ごとに数%の決済手数料がかかります。

*通信障害による不具合

災害時に関わらず、通信障害が発生した場合にはキャッシュレス決済を使用することが出来ません。

あらかじめ、緊急時を想定した準備をしておくことも必要になります。

*操作方法の教育

新しいシステムを導入する際、レジ対応をするスタッフ全員が操作方法を習得する必要があります。

また、お客様がキャッシュレス決済に慣れていない場合もあるため、正しく説明できる体制をとる必要があります。

*決済から入金までの時間差

以前よりは短縮されていますが、決済から実際に入金されるまでにどうしても時間差が発生してしまいます。

 

いかがでしょうか。

キャッシュレス決済の導入に関して、デメリットも挙げてみましたが、今後のこと考えるとメリットの方が多いはずです。

キャッシュレス対応のレジ機(POSアプリ)を入れることで、会計データに連動できるものも増えています。

お客様の満足度と業務の効率化をあげるためにも、キャッシュレス決済の導入は重要ですね!

 

税理士法人エナリでは、クライアント向けに美容室・理容室のキャッシュレス決済の導入のご相談も承っております。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

Follow me!

理容室・美容室の
起業開業/税務調査

起業家支援実績1,000件以上
理美容師

新規創業、起業者向け
月額顧問料1万円~
決算料0円~

page top

電話でのお問い合わせ

045‐900-6833

お問い合わせ