美容室・理容室の開業にかかる費用はズバリいくら!?

自分のサロンを持ちたいが、開業からオープンするまでにどのくらいかかるのか不安になるもの。

どのくらいの資金があれば開業ができるか解説していきます。

①テナント費用

テナント費用とは、家賃などにかかる費用のことです。地域や店舗の大きさによってかなりバラつきはありますが、主に内訳は以下の通りです。

契約時に必要な資金

  • 前家賃…家賃1か月分
  • 店舗保証金(敷金)…家賃3~12か月分
  • 礼金…家賃1か月分
  • 仲介手数料…家賃1か月分
  • 家賃単価20万円で敷金6か月の場合・・・180万円かかることになります。

上記に加えて、内装工事の間も家賃は支払わなくてはならないので、オープンまでの月数を考慮しておかなければなりませんね。

立地により、家賃も大きく変動します。ターゲットとする顧客層によりしっかり検討したいですね。

✔美容室・理容室が店舗を出す最適な場所は?!

内外装工事費用

物件の契約が終了したら、美容室・理容室の内装・外装を整えます。開業費用の多くは内外装工事に費やすことが多く、費用を抑えるのも難しいため工事のための費用はきちんと確保しておくことが必要です。

居抜き物件でない限りはスケルトンの状態から、つくりあげることになるのでデザイン料等も含め、しっかりと施工業者と打ち合わせや見積もりが必要です。

店舗のつくりやレイアウトによっては、配管などの取り回しなどで思わぬ追加費用がかかることもあるので、テナント選びの段階から事前に確認をしておくといいですね。

費用にかかる坪単価は使う素材や設備により異なります。

坪単価20万円~50万円程度が相場だとし、15坪(セット面4つ、シャンプー2台)ほどで見繕うと次のようになります。

坪単価40万円で15坪の場合・・・600万円かかることになります。

②備品・材料関係費用

内装が仕上がると、仕事を行うための備品関係を購入することになります。

美容器具

内装費用に含まれる場合と、そうでない場合があるのが、スタイリングチェアや鏡台。

その他にもドライヤー、アイロン・コテ等、美容室・理容室のメニュー内容やイメージを踏まえながら、適した器具を選ぶと良いでしょう。

設備費

パソコン、洗濯機、レジ、電話、ワゴン、待合室用の椅子等

これらもすべて新品で揃えようとすると資金を圧迫するのでアウトレットやリサイクル品等を検討してみても良いかもしれません。美容室が軌道に乗った段階で少しずつ買い替えるなどの工夫もしてみましょう。

また、設備関係は金額の大きなものもありますので、場合によりリースにされることも検討するもの宜しいかと存じます。

✔美容室の設備・備品は買った方がいいのか、リースがいいのか?!

 

材料費

シャンプー・トリートメント類、カラー剤、各種薬剤、スタイリング剤、イヤーキャップ、クロス・ケープ、タオル等

シャンプーやカラー剤、スタイリング剤等は種類が多いほどお客様に合った細かなサービスを提供することが出来ますが、最初から全てを揃えると費用がかさんだり、あまり需要がないものが出てくる可能性もあるため、まずは必要最低限のものを揃えておきましょう。

③広告宣伝費

特に美容室はオープン前の宣伝が非常に重要になってきます。新規オープンというだけでも一目を引くため、しっかり宣伝はしておきたいものです。宣伝には以下の方法があります。

美容室Webサイトの作成費、運営費

チラシの作成費

ポスティングの依頼費

ネット広告や美容検索サイトへの掲載費

 

前職を退職時に、自身についていたお客さまを引き継ぐことができるのが、ベストではありますが、実態としてはなかなか難しいのでと考えます。

ですので、ある程度の広告費用は必要と考えられます。

④運転資金

これまでは、開業までにかかる費用をお伝えしましたが、オープン後も毎月必ずかかる経費(固定費)があります。

  • 家賃
  • 人件費
  • 水道光熱費
  • 材料費
  • 広告費

最低でも、3か月分以上の運転資金を用意しておきましょう。毎月の固定費が50万なら、最低150万以上は確保しておきたいです。そのために最初に家賃、光熱費、人件費などの固定費がいくらかかるのかきちんと把握しておくことが大切です。

✔美容室・理容室の開業融資は?!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回、記載をさせて頂いた金額だけでも1,000万円~1,500万円程度はかかってきます。

開業に使える自己資金をどこまで貯めておけたかにもよりますが、多くの場合は金融機関から借入金を起こすことになるでしょう。

借入金を起こす場合は、事業計画書や返済計画なども立てていかなければなりませんね。

当社は、開業して頑張る美容師・理容師の皆さまを全力応援しております。

本来事業に専念できるようサポートを行ないます。

是非、開業される際はお気軽にご相談ください。

税理士に相談する

Follow me!

理容室・美容室の
起業開業/税務調査

起業家支援実績1,000件以上
理美容師

新規創業、起業者向け
月額顧問料1万円~
決算料0円~

page top

電話でのお問い合わせ

045‐900-6833

お問い合わせ